ITOKEI Co.,Ltd.

デザートとデリのある豊かなライフスタイルCSR

CSR環境方針 – エコアクション21

CSR

私たちは、今、地球環境を保全し、豊かで美しい自然環境を次世代へ継承することこそが人類共通の命題であると考えています。

伊藤景パック産業株式会社は、『世を益し、我また利す』の経営理念のもと、『デザートとダイニングを楽しむ豊かなライフスタイル作り』の提案を進める中で、地球環境と企業活動との調和をめざし、商品の開発から製造、物流、販売に至るサプライチェーン全体で、商品の安全安心はもとより、環境対策に全社を挙げて取り組んで参ります。

1.低炭素社会の実現に向けて

私たちは、地球温暖化防止は地球上における喫緊の課題であると認識し、より一層積極的に温室効果ガスの排出抑制対策を推進いたします。

2.環境負荷低減活動

私たちは、事業活動が環境に与える影響を低減するため、次の事項に取り組みます。

  1. より環境負荷を軽減できるパッケージの開発と提供
  2. 商品製造の効率化とロス発生防止
  3. あらゆる業務効率の改善、物流効率の改善
  4. 設備・空調・車両の効率的な使用
  5. 廃棄物排出抑制

3.環境マネジメントシステムの構築

私たちは、環境マネジメントシステムを構築し、継続的な改善に取組んで参ります。

4.環境関連法規等の遵守

私たちは、環境保全に関わる法令・規制・条例を遵守するとともに、行政機関・地域等の要請に協力します。

5.啓蒙と全員参加

私たちは、全従業員への環境方針の周知と徹底を図り、環境教育等を通じた啓発に努めるとともに、一人ひとりが社会的責任を自覚し、環境保全活動に取り組みます。

6.コミュニケーション

私たちは、この環境方針を一般に公開します。また、私たちの環境取組みについて、正確、誠実、迅速に情報公開します。

2016年1月1日改定
伊藤景パック産業株式会社
代表取締役 伊藤 景一郎

主な環境活動トピックス

1.5S活動との連動

EA21活動を5S運動の中に取り入れ、ルーチン化して取り組みました。

5S運動は、「整理・整頓・清掃・清潔・躾」ということで、企業活動のムリ・ムラ・ムダを排除し、効率を高め利益を創出していく活動です。当社は5S運動として、売上原価削減活動や経費削減活動を行っており、そこに、EA21の電気・ガス・水道・ガソリン・廃棄物の抑制活動を取り入れ定着をはかりました。

2.エコアイディア募集と公開

各拠点で行っているEA21活動を公開し、他拠点に水平展開できるようにしました。また、新たな対策をエコアイディアとし募集し公開しました。

3.デマンドコントローラーの導入

東京物流センターでは、ピーク電力を抑えるため、デマンドコントローラーを導入しました。目標を超えそうになると、絵と音で警告を発します。

これにより的を絞った節電対策が実施できるようになりました。

4.配達の帰り車の利用

配達に出たトラックが倉庫に戻るときに仕入先に寄り、当社に納品される商品を引き取ることにより、仕入先が使用するトラックを減らし、トータルでトラック台数を削減しCO2の発生を抑制しました。

5.ハイブリッドファンの設置

大阪事務所で試験的にエアコンの吹き出し口にハイブリッドファンを取付けました。

エアコンの風により回るので電力を使用せず、風を部屋中にまんべんなく行き渡らせます。冷房時より暖房時に効果がより大きいようです。

6.倉庫の水銀灯の間引き

倉庫でも水銀灯を間引きし節電を行いました。暗くなりすぎないように注意しながら進めました。

7.断熱フィルムの設置

近畿物流センターの入口ドアにニトムズ製断熱フィルムを張り付けました。

効果のほどは・・・? 西日が当たるときに体感温度が低くなるようです。

大阪事務所でも断熱フィルムまたは断熱塗料の施工を検討しましたが、投資が大きくなるため今年度は見送りました。

8.避難訓練の実施

11月6日、弊社大阪事務所の呼びかけで、入居しているビル全体で避難訓練を実施しました。6階の弊社給湯室から出火の想定。弊社通報係が119番通報。消火係は消火器で給湯室に急行し消火につとめ、各階の避難誘導係が、館員を1階へ誘導。各社の持出し係は重要書類等を持ち出しました。淀川消防署の指導の下(消防車も出動)、訓練は15分程度でスムースに実施できました。

9.コピー機・FAX機を複合機への集約

別々であったコピー機・FAX機・プリンターを複合機に集約することで、待機電力の削減、使用資源の削減に努めました。スペースの有効活用にもつながりました。

10.プラスチックスプーンの回収リサイクル

店舗で使用済みのプラスチックスプーンを回収し、リサイクル原料化を試験的に進めました。

11.エコキャップ運動

2010年~2012年で、ペットボトルのキャップを24,405個回収しNPO法人に送付ました。これは累計で30.6人分のポリオワクチンが購入できたことになり、また燃やしたとすると190.36KgのCO2の排出を抑制したことになります。

12.電灯にプルスイッチを設置

東京本社では、電灯設備にプルスイッチを設置し、点灯・消灯を小まめにできるようにしました。

13.商品設計での省資源・環境対策

弊社の既製品においては、原材料使用量を抑えた製品の開発や、原材料そのものを工夫し機能アップを図り環境対応を進めました。

弊社製品だけでなく、お客様向けの企画商品でも、原材料使用を少なくした商品の開発や、仮に商品が燃焼されてもダイオキシンを発生させない添加物使用など環境対策が進められました。

14.SMBC環境配慮型融資

株式会社日本総合研究所が作成した独自の環境配慮評価基準に基づき、企業の環境配慮状況を評価し、株式会社三井住友銀行がこの評価に応じた融資を行うというもの。

弊社は、「A」評価を受けました。

東京物流センターのデマンドコントローラー

東京物流センターのデマンドコントローラー

東京物流センターのデマンドコントローラー

東京物流センターのデマンドコントローラー

ハイブリッドファン

ハイブリッドファン

水銀灯の間引き

水銀灯の間引き

断熱フィルム貼付前

断熱フィルム貼付前

断熱フィルム貼付後

断熱フィルム貼付後

本社の電灯プルスイッチ

本社の電灯プルスイッチ

Copyright ITOKEI CO.,LTD. All Rights Reserved.