パッケージの可能性を形に。
私たちは常に新しい付加価値を創造しています。

代表取締役社長 伊藤 景一郞

世の中の繁盛のお手伝いをしたい

私たちの生活に深く密着している、パッケージ。
今、求められるのは、保護性・耐久性・デザイン性を基本に、商品の高付加価値化や生産性向上、環境配慮という要素です。
時代とともに変わるパッケージの可能性の追求。
1910年の創業以来、当社は食品包装資材の専門メーカーとして、特に菓子・パン・アイスクリーム・ファストフード・コンビニエンスストアのパッケージで他社に真似のできない確固たる地位を築いてきました。「世の中の繁盛をサポートする」という考えのもと、お客様のニーズにタイムリーに応える製品開発とサービス提供により、デザートパッケージのパイオニアとして歩んできたのです。

創業100周年を迎えて、新たな飛躍のために

現在当社では、パッケージを単に商品を包むだけのものとは考えていません。お客様の商品に新しい付加価値をもたらす、一つのソリューションであるとの考えを貫いています。当社の使命がパッケージの製造・販売だけにとどまらず、商品開発、技術指導、販促提案と幅広い領域にまたがっているのもそのためであり、同時に新素材の開発や資源の有効活用など、今の時代のニーズに応えた取り組みを続けています。
創業100周年を機に、新たな飛躍のための組織作り、技術開発、経営変革に取り組んでいます。その柱となるのは、言うまでもなく人材です。自分の仕事に情熱を持って取り組むことができ、かつ人生を楽しむ気持ちも忘れない、そういう若い人たちを求めています。 皆さんの挑戦をお待ちしています。